安い日帰りスノボツアーの選び方

日帰りのスノボツアーは夜行バスの車中泊と、文字通りの日帰りの2種類があります。


車中泊をすれば移動時間を有効に利用することができるので、ゲレンデでの滞在時間が長くなります。これに対して、昼間に移動するツアーであれば、現地での滞在時間が短くなる場合があります。

スキー場での滞在時間を考慮して日帰りツアーを選択する場合、純粋にスノボを楽しむだけであれば車中泊を伴わないツアーの方がお得です。

夜間に車中泊を伴うバスツアーであれば、2名の運転手が乗務しなければならないので割高になります。


これに対して、当日の早朝に出発するツアーは移動距離が短いので運転手は1名乗務となります。

BIGLOBEニュースに関する情報に追加しています。

短距離の移動であれば移動時間が短くなるので、現地での滞在時間が長くなります。例えば首都圏を出発する日帰りスノボツアーの料金を比較した場合、近場の群馬県のスキー場を利用する4千円前後の格安ツアーであれば、現地の滞在時間が7時間を超えるものがあります。



これに対して7千円前後の料金で少し離れた長野県や新潟県に向かうツアーであれば、現地の滞在時間が6時間ちょうどぐらいとなります。いずれもリフト券付きなので、現地での滞在時間が長くて安いツアーの方がお得なのです。車中泊を伴うツアーであれば、丸一日ゲレンデで滑走を楽しむことができます。

それでもリフトが稼働している時間を考慮すれば、滞在時間は長くても8時間ぐらいとなってしまいます。

知って得する日帰りスノボ情報サイトについて考えます。

1泊でも車中泊を伴うようなツアーであれば、安くてもツアー料金は1万円近くになります。

ちなみに車中泊をしなければ、旅行中の食費を節約することができますし、家を出る時に着替えておくことができるので、現地での着替え時間も節約できます。

1万円近い料金でゲレンデで8時間滞在するよりも、4千円くらいの料金で7時間滞在する方がお得なのです。

top